毛の生えるサイクル「毛周期」について

毛の生えるサイクル「毛周期」について

VIAMの脱毛でも、またレーザー脱毛などでも1発で脱毛できるわけではなく、何回かに分けて通う必要があります。その原因は毛の生えるサイクル「毛周期」にあります。脱毛をするうえで知っておいて損はない知識なので、ここで身につけておきましょう。

毛周期とはどのようなものか

人間の体毛は、毛周期という生え変わりのサイクルを繰り返しています。髪の毛や体毛が自然に抜け落ちるのがこのサイクルによるものです。このサイクルは大きく分けて、「成長期」「退行期」「休止期」という3つのサイクルに分かれており、これによって伸びる長さや速度が決まります。

ちなみに、実は体の表面に出ている毛は全体の1/3。残りの2/3は「休止期」の毛で、皮膚の下で新しい体毛を作る準備をしているんです。つまり、体の毛のほとんどは眠っていたり準備をしていたりしているんですね。

成長期

毛根部分の毛乳頭で毛母細胞の細胞分裂が起こり、毛の成長が始まります。皮膚の中で毛の成長が始まります。皮膚の表面に現れるのもこの時期です。 一定の期間が過ぎると細胞分裂は止まり、成長も止まります。成長期が長いほど、毛は長く成長します。この時期が脱毛に最適な時期です。

退行期

毛母細胞の分裂が止まり、毛の成長も止まり、毛が抜けやすい状態の時期です。毛根から毛が離れ、皮膚の表面に向かって出ていこうとする時期のため、毛根から毛が離れており、脱毛には適さない時期です。

休止期

毛が完全に抜け落ちた状態。次の毛を生やす準備に入っている状態です。毛母細胞が毛根に到着し、再び成長期へ入るまで休んでいるのがこの時期。 退行期と同じく脱毛には適さない時期です。

毛周期は部位によって違う

さて、この毛周期は一周するスピードが体の部位によって違います。これがやっかいなところで、部位によって違うために脱毛のタイミングを合わせるのが難しくなっているんですね。「今日は腕、明日は足…」などと毎日通える人はまずいないでしょうし、じゃあ何週間に1回・何か月に1回来ればいいの?という計算が必要になってくるのです。

毛周期は例を挙げると女性の場合で毛髪が約4~6年、わき毛だと2ヵ月程でサイクルをひと回りし、新たな毛が生えてきます。

体の部位による毛周期の違いは以下のようになります。

ヒゲの毛周期

成長期…4ヶ月~1年

退行期+休止期…2~3ヶ月

腕の毛周期

成長期…3~4ヶ月

退行期+休止期…3~4ヶ月

ワキの毛周期

成長期…4~5ヶ月

退行期+休止期…3~5ヶ月

脚の毛周期

成長期…3~5ヶ月

退行期+休止期…3~5ヶ月

VIOの毛周期

成長期…1~2年

退行期+休止期…1~1年半

上の一覧を見ると、基本的には濃くて太い毛が生えている部位ほど、成長期も退行期+休止期も長い傾向にあると思います。

「性毛(せいもう)」と「無性毛(むせいもう)」について

毛の成長は部位によっても違いますが、そもそも毛の種類は「性毛(せいもう)」「無性毛(むせいもう)」の2種類に分けられます。この違いについて説明します。

性毛とは

性毛とは、思春期になると生えてくるワキやVIOの毛、男性の胸毛やヒゲのことです。これらの毛は、太くて硬い毛質で生える方向が揃っておらず、一般的に毛周期が長いとされています。無性毛と比べると脱毛完了までに時間がかかることが多いです。

無性毛とは

無性毛とは、幼少期の毛や髪の毛やまゆ毛、まつ毛、手足の毛、鼻毛や産毛など、生まれつき生えている毛全般のことです。細くて柔らかい毛質で生える方向が揃っており、一般的には毛周期は短いとされているため、性毛と比べて短期間で脱毛できることが多いです。

毛周期とホルモンバランス

毛周期にはホルモンバランスも大きく関係しています。人間の体は常に男性ホルモンと女性ホルモンのバランスによって成り立っていることは良く知られていますよね。

男性ホルモン、中でも「テストステロン」の分泌が活発だと毛が太くなるなどの毛質の変化が起こり、体毛が濃くなり毛が生えてくるのが早くなるといった傾向にあると言われています。男性ホルモンの分泌が活発になりムダ毛が濃くなる原因としては、ストレスや食生活の乱れ、肥満などがあげられます。

ホルモンバランスを整えるために女性ホルモンの分泌を促すには、生活習慣や食生活を整えたりイソフラボンやプラセンタを摂取したりするのが効果的と言われています。

脱毛中にやってはいけないこと

脱毛中には避けたほうがいいことがあります。なぜここに書くかというと、毛周期に関係があるからです。具体的に言うと、毛周期を乱す恐れがあることは避けたほうがいいということになります。

その毛周期を乱す原因になるのは「毛抜きで毛を抜くこと」です。

単純に、毛抜きで毛を抜いてしまうとその刺激が毛乳頭に伝わって毛周期が乱れます。毛周期を考慮して脱毛に通うタイミングを決めるのですから、これはわざわざ効果を出にくくして脱毛完了を遅らせるようなものです。

脱毛中にムダ毛を自己処理する場合は、カミソリや毛抜きではなく電気シェーバーを使った方が無難です。

TOPページを見る