40台から始める人が増えている「介護脱毛」とは?

40台から始める人が増えている「介護脱毛」とは?

VIAMの店長さんから教えていただいたのですが、40台~50台で「介護脱毛」というものを始めている人が増えているそうです。この言葉自体初めて聞いたのですが、僕もアラフォーのため気になるところです。せっかくなので、この機会に調べてみることにしました。

介護脱毛とはそもそも何?

介護脱毛や終活脱毛などと言われるものは、基本的に将来介護されることを想定してアンダーヘアの脱毛(VIO脱毛)をすること。40~50台の女性を中心に人気が高まっているそうです。

名前からもなんとなく分かりませんか?そうです、介護してもらう際に、VIOの毛が邪魔になるから今のうちから脱毛しておこうということなんです。

子育てが一段落したり、自分のために使う時間や金銭的な余裕ができたりといった年代の女性たちが考え始めるようですね。また親の介護の経験がある人などは実際にその現場で大変さを体験しているので、自分がその立場になったときに介護してくれる人の手を煩わせたくないという気持ちもあるようです。女性に人気とのことですが、もちろん男性にも関係してくることです。

とはいえ、介護の経験がない僕なんかは想像でしかそのメリットは分かりません。なので、具体的に介護の際に脱毛しておくとどういったメリットがあるのかについても調べてみました。

介護脱毛を行うメリット

介護脱毛のメリットはいくつかありますが、それは介護の場面以外でもメリットとなりうるものです。介護する側の負担軽減も目的ではありますが、介護される側の衛生面向上という面もあるからです。

排泄介助がしやすくなる

介護で一番大変そうなのは、やはり排泄介助、いわゆる「シモの世話」ではないでしょうか。赤ちゃんのオムツの世話とは違い大の大人のシモの世話をするわけですから、する側もされる側も精神的な負担は大きいと思います。

高齢になるとオムツが必要になる人もいるでしょうし、自力でトイレには行けても拭き取りがうまくできない人もいると聞きます。そのため介助が必要となってくるわけですが、介護脱毛で局部周辺のムダ毛を無くしておけば、大幅にその負担を軽減できる可能性があります。

オムツ着用での生活になると、排泄時にオムツの中で尿や便がアンダーヘアに絡まります。特に便の場合、肌とオムツの間にベッタリ広がって乾いてしまうこともあるそうです。そうなると普通に拭いただけでは完全には取れないことがあるとか。排泄物が毛にからまっていると、介護の清拭(せいしき)の際に時間がかかるんですね。

アンダーヘアを脱毛しておけばそもそも尿や便が絡まることがなくなるので、その部分のストレスをかなり軽減できることが期待できます。

調べたところ、排泄介助のために親のデリケートゾーンの毛をはさみでカットしたことがある人もいるとか。カットする方もストレスですし、される側も恥ずかしいですよね。そうなる前に脱毛しておきたいという気持ちも理解できます。

肌トラブルの予防になる

尿や便がアンダーヘアに絡まるということは、かぶれなどの肌トラブルの原因にもなります。汚れが落ちにくいからといって何度もゴシゴシ拭いていると、肌が傷つきただれてしまうこともあるとか。また年を取ってくると肌の回復力も衰えるため、1度肌トラブルを起こすと症状が長期化する可能性もあります。

アンダーヘアの脱毛をしておけばこのようなトラブルも未然に防げるわけです。

衛生的にも良い

衛生的にも良いというより、尿や便がアンダーヘアに絡まることが不衛生なのは考えなくても分かりますよね。残った汚れが原因で感染症を引き起こす恐れがあるほか、雑菌が繁殖し臭いの原因にも。もちろん炎症や感染症など病気になる可能性だってあります。

介護脱毛をしておけば、下着の蒸れや痒みの予防にもなるので、何より自分自身が快適に過ごせるメリットもあります。

ハイジニーナ脱毛って何?

さて、今回この介護脱毛について調べていくなかで、ハイジニーナ脱毛という見慣れない言葉が出てきました。もしかしたらご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。これがどういったものか説明しましょう。

ハイジニーナ脱毛とセミハイジーナ脱毛

ハイジニーナとは、「衛生」を意味する「hygiene(ハイジーン)」からきている造語です。ハイジニーナとセミハイジニーナがあり、ハイジニーナは「Vライン」「Vライン上部」「Iライン」「Oライン」すべての毛を脱毛すること、セミハイジニーナは毛量や毛質の調整を行い、希望の範囲のみを脱毛することを指すとか。

お分かりのように、介護脱毛に関してはハイジニーナの方がより効果的なことは言うまでもありません。

まとめ

今回調べたことで、早めに介護脱毛をしておくことは重要だと感じました。仮に介護関係なくても、下の毛をいわゆるパイパンにしている知り合いたちに聞くと、すこぶる快適という人がほとんどです。

まずは人目につく場所からというのももちろんいいと思いますが、候補としては考えておいてもいいと思いますね。

TOPページを見る